はじめよう、下克上を

正社員になるってそう簡単には行きませんよね・・・だって正社員にこの時代になるってどんな求人に応募しても難しいと思うんですよ。求人有効倍率がアベノミクスの影響で上がっているといったとしてもそれはごく一部の大企業にしか限定できないことです。そう、全ての会社がこぞって求人を出しているというわけではないのです。そして、その募集に採用される道のりというのは非常に厳しく例えるならば、エベレストを裸一貫で登ってくるというぐらい難しい物になっています。それ故、転職で新しい会社に一から出直そうと思うと秘奥に難しく毎度毎度骨が折れそうになります。また、転職者というのはその求人の案件(給与・待遇・福利厚生)を見ているのではなく、求人を出している企業がどういった企業なのか。その企業で働く人がどんな思いで仕事をしているのか。そして、その仕事をしている人たちはどういった人たちなのかを気にしているそうです。

関西で有名な転職サイト( http://d-starjob.com/ )では、ただ単に求人の案件を載せるだけでなく、こうした求人に動画や職場を実際に見学できるようなシステムを構築しており非常に関西で話題になっているそうです。

求人サイトがこれほど進化しているのですが、実際のところ入る仮定で「資格」「経験」と言うのが必要となってくるのです。この「経験」と言うのは実際に働いてみないと証拠として残らないのです。インターネット系の仕事を行っている会社の人事担当に聴いてみたところ、家で内職として仕事をしていたと言ってもそれは証拠に残らないとしているそうです。

つまり、求人における「経験」というのは非常に厳しく、実務経験3年など書かれている求人に関しては非常に応募がしにくくなっています。
そしていつの間にか私達求職者は「無理だ」と言う状況に陥って、その求人への応募を諦めてしまいがちになっていると私は思います。

では、この経験をどうやって積んでいけばいいのだろうか?そういったことを考えていくと、思わぬところにヒントがあったりするのです。

それが、アルバイトです。一件「あぁ・・・たかがバイトが役に立つの?」と言うかもしれませんが、アルバイトも一応会社が雇用しているわけです。そこでその業務について仕事をしていれば自然と業務経験を積んでいけるというわけです。

よく芸人が「アルバイト生活が下積み時代」と言っていますが、我々転職組や新卒で社会人を目指している者達もこうしたアルバイト生活が下積み時代なのです。

そうしたことを念頭に日々葛藤しながらインターネットの求人サイトで働く方の日々の記録をご紹介します。

彼が得たことを、読むことでその仕事の本当の魅力がわかってくると思います。

不器用ながら進む彼の毎日を見て何かを感じ取り、あなたの就職活動に活かしてみてはいかがでしょうか。